The S&P CoreLogic Case-Shiller U.S. National Home Price NSA Index


NY時間11月30日朝9時に発表された

ケースシラー住宅Indexに久しぶりにフォーカス

したいと思います。


↑上記は、米国で過去27年に渡り、全米9地区と

10/20都市の不動産価格を、前月、前年と比較し、正確な

統計をS&Pが計測しています。

筆者は過去10年に渡り、このIndexを毎月、S&Pから

Eメールで配信をしてもらい、2017〜2019年には

ソロモンキャピタル(株)のサイトで、動向をご紹介して

いました。

2018年には、S&P社主催のETFコンフェランスにて

ケースシラーIndexの当時の統括者にもお会いすることが

出来ました。その方は、長きに渡りこのインデックスを 統括された方でした。

ソロモンキャピタル時代から、ほぼ毎月、

「今月も最高値を更新」


と書くことが多かったのですが、このコロナ禍に置いても

好調です。昨年ですら、リーマンショック時よりも

指数は上でした。


最新は、本年9月の実数を元に計測されています;


9地区では、年ベースでは19.5↑

      月ベースでは19.8↓


20都市の年ベースでは、

「フェニックス、タンパ、マイアミ」は、

最高値を記録しました。

フェニックス: 33.1% ↑

タンパ:    27.7% ↑

マイアミ:   25.2% ↑

月ベースでも、20都市中の6都市が、8月よりも価格が

上昇しています。


タンパ、マイアミ共にフロリダ州になります、やはり、 マイアミという地域性も重要なファクターでしょう。

残念ながら、ハワイは、ケース・シラーの対象地域ではありません ので、筆者は、同じく温暖な気候と観光地という地域性を鑑みて、 ハワイ不動産の参考にしていました。

現状、いわゆる本土の米国人のハワイ不動産の購入は増えています。

このマイアミの数値もその裏ずけになるでしょう。

S&Pの総評として、この数値の強さは都市から非都市部へ移住する 人々の移動を挙げています。 その背景は、もちろんコロナ禍です!

仔細は:https://www.spglobal.com/spdji/ 

5回の閲覧0件のコメント